2010-08 << 2010-09 >> 2010-10

2010-09-05 (日)

*ルー=ガルー

映画化されているようなので,safii,ysaotome,eldeshと新宿のバルト9に見に行く.

なんだか,期待した内容と違った.まぁ,だいたいあってると言えないことも無い.

小説は,京極夏彦っぽい雰囲気を残しつつ京極らしく無い内容でしたが,映画はそこから雰囲気とかが削ぎ落とされてしまった感じ.現実的な近い未来の世界で起きる,非現実的な物語って感じだったのに,あらゆる物の描写が非現実的で,これなら京極作品じゃなくても良いよなぁと思ってしまった.全部,Production I.Gだったらまた違ったのかなぁ.

何が現実で何が虚構なのかという問題が,管理社会とそれに対抗する子供たちという単純な話になってしまっていたのがとても残念.

美緒の「魔法」を見れたのは良かったけど,美緒の天才っぷりの表現が無いせいで本当に魔法になってしまっていた.それに性格こんなだったっけ?美緒といったらカメなのに,1度出てきたカメ1号の名前と時々出てくるカメのアイコン以外,なぜか謎のぬいぐるみと,気ぐるみみたいなロボットになっている….というか,なんで気ぐるみ着てるの?プラズマ発生装置なんのために途中で出したの?

そういえば,作中に鳩も一度も現れなかった.人間以外では,唯一出てくる「本物」の動物である鳩も重要な要素だと思うのだけど.

あと,食物連鎖からの離脱を果たした世界だったはずが,ヒマワリ原料にしてたらダメじゃないか?

中途半端に色々省かれてて原作知らないと意味不明なのが多い…尺の都合で省かれてしまったのだろうけど,身の危険を感じていきなり本拠地に乗り込むのは賢い人間に見えないなぁ.まぁ,重要なイベントはちゃんと残されてるから,上手くまとめたと好意的に解釈します.

そのあと,夕食はモツ鍋.ルー=ガルー見た後に内臓食べるのはアレな気もしますが,何も考えてなかったので偶然です.