2005-11 << 2005-12 >> 2006-01

2005-12-31 (土)

なんとなく,VHDLの勉強.もう少し,論理合成技術が発達すれば,マウスでパーツ並べるだけでコンピュータを設計できるようになりそうですね(実用的じゃないものなら今でも出来るかな).

そのうち,大規模なFPGAがパソコンのマザーボードに載る時代が来ると,以前から思っていたのですが…意外と早く実現するかも.で,CPUとかもFPGAにダウンロードして使うように….Z80を1000個書き込んで並列動作させるのも夢じゃない時代が来るかもしれません.意味があるかは置いておいて.

そこまで出来るようになると,アプリケーションによっては,専用のプロセッサとメモリをFPGA上に生成してから,その上で実行するという,完全なマルチタスク環境が実現するでしょう.OSを買うと,標準的なアーキテクチャのCPUがライブラリとして付いて来るはずです.最終的に,OSとCPUの境界が意識されなくなれば面白いですね.

にしても,10万ゲートのFPGAが2ドルか….