2005-08 << 2005-09 >> 2005-10

2005-09-20 (火)

  • 天気:曇り

昼過ぎに起きてBBR-4MGを少し弄って,TGCHのところに.

*成績

前期の成績の発表.キャンパス情報システムで確認.ソフトウェア工学だけ良だ….殆ど優は付けないといっていたから予想通りだけど.毎回,締め切り当日にギリギリ仕様を満たすプログラムを提出してたのがいけなかったか.

*焼肉

今日はTGCH邸で焼肉.

*Linux on BBR-4MG

コンソールを開けないのは,/dev/consoleが無かったからだった.何で作られないのかスクリプトを読んでみると,mknodに-mオプションが指定されてる(ありがち).mオプション消してchmodを追加.というか,苦労している殆どの問題はLinuxとBSDの違いだったりして….

カーネルはこんな感じか.今度はinsmodがエラー吐いてる….ってIPN2220AP.oて無線LAN用のモジュール?取り合えず,起動しないように./etc/init.d/rcSを消したらエラーが出たので,空のスクリプトにしておく.

今度はエラーは出ないけど何も表示されない.というわけで,さっきの/etc/init.d/rcSで/bin/ashを起動.本当は別の所に書くのかも知れないけど,私はLinux使いじゃないのでスクリプトの作法が全くわかりません.

とうとう,シェルが動きました.ここまで3日もかかった.

/procが空だったので,fstabを確認.設定はされているところをみると,マウントされてないのかな.というわけで,先ほどのスクリプトにmount -aを追加.fstab見たらコンソールの設定もあったので,そっちを使うように.

ifconfigするとloしかない.ifconfig eth0 upしたら見えるようになって,IPを設定したら外と通信できるのは確認しました.

フラッシュメモリを使えるように色々弄ったけど上手く動かない.物理メモリ上にマップされてるから,最悪読むことはできるだろうけど,書き込めないとなぁ.

意外と色々なことがあって面倒くさい.組み込みLinuxだからと甘く見てたかな.ところで,/devにネットワークインターフェイスが無いけど,いいのかな?

最近,Linuxが少しずつ分かってきました.やっぱりOSを手っ取り早く知るためにはソースを弄りながら動かして見るのが一番ですね.大学の授業でTurboLinuxを使ったときは,結局よく分からなかったし.

シリアルポートでの転送中にデータが送れなくなって失敗することがあるのは,私が作ったレベル変換回路がおかしいのかな.2MB近いデータを転送するのに5分以上かかるので,途中で失敗するのは困る.というか,シリアルポート経由でカーネルイメージを転送してデバッグって無理があるなぁ.起動してからならtftpでデータ送れるのに.作業の半分の時間は転送を待ってる時間な気が.

…帰ってきてからちょっと弄って起動したときのログ.tftpは動きませんでした.メモリが足りないのかも.pingは動きます.