json.h (jsonパーサ)

C++用の簡易JSONパーサライブラリです.picojsonよりインターフェイスが簡単です.まだ出来が悪いので真面目に使うのはやめた方が良いと思います.

利用の制限はありません.各自の責任にて自由にご利用ください.ライセンス的にはNYSLということにします.

特徴

ダウンロード

サンプル

やる気ないサンプル.

#include <iostream>
#include "json.h"
using namespace std;

int main(int argc,int argv[])
{
    string s = "[1,null,[31 , 32, \"asdfg\\\"hjk\" , {\"hoge\" : -123e6 },123 ],null,5,0]";
    json::jsvalue v;
    json::parse(v, s);
    cout << (int)v[2][1] << endl;
    cout << (string)v[2][2] << endl;
    cout << (int)v[2][3]["hoge"] << endl;
    cout << v[1].is_null() << endl;
}

簡単ですね.

使い方

ヘッダファイルなのでincludeするだけです.何もたいしたことやってないので,ソースを見てください.

予定

そのうちjson文字列の生成も出来るようにします.

文字列の\nとか\tの対応後回しにしてたら忘れていた.

パース失敗したらfalse返すように.

存在しないオブジェクトはnullonj(is_null()がtrue)が帰りますが,undefinedとしてnullと区別できる方が良いかも.

バグ

履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.