スマートメディア用ソケットを作る

スマートメディア・リーダ/ライタは持ってるんですが,普通に読み込んでも物理的なメモリにはアクセスできないので,自前の回路でスマートメディアにアクセスすることにしました.何でそんなことをしているのかと言うと…なんででしょう?.使い道としては,確かPS2の8MのメモリーカードのICとスマートメディアのICは実は同じ物なので,スマートメディアが使えればPS2のメモリーカードにもアクセスできる…かもしれないです.

スマートメディア

資料集め

東芝セミコンダクターのサイトから,データシートをPDF形式でダウンロードできます.系名はTC58V64です.ADCで終わっているものが,スマートメディアで,AFTが普通のICです.どちらも使い方は同じのようです.(JavaScriptがOFFになってると検索できなくて悩みます.)

データシートを読んでいると,それほど難しくない気もしてくる.無理すればPCのパラレルポートを使って読めるかもしれない(?).というわけで,製作開始.

工作

まず,スマートメディアのスロットが無いといけません.その辺で売ってるものなのかどうか分からないので,自分で造ってみることにしました.ジャンクのマザーボードからISAバスを取り外して利用します.ISAのコネクタをあっという間に外す方法は,私のページを色々読んでれば分かるはずです(^^;.上手くやらないとちょっと焦げるのが難点ですが….

sma_01.jpg

まず,ISAのコネクタをたてに真っ二つに切ります.で,必要な長さ(スマートメディアの端子11列+両脇に何となく2列)分だけ切った物を2つ用意します.

sma_02.jpg

次に,切った端子の足を全部90度曲げて,ユニバーサル基盤に半田付けします.両側の端子を内側に向けています.間隔はスマートメディアを見ながら調節してください.

sma_03.jpg

そのままスマートメディアを載せても,上手く端子に接触しないので,アルミ缶を切ってカバーをかぶせます.適当に切って曲げて挿して固定してください(^^;.カバーの足は,基盤の穴を2つ繋げて大きくして通してます.裏側は絶縁しておいた方が良いかもしれません.ここまでは,なかなか綺麗に出来ました.

ちょっとだけ試してみる

sma_04.jpg

とりあえず,ピンを半田付けしてそれらしく見えるようにしてみる.モード(Read/Write/Command/Address)の切り替えを回路上でやるつもりで作ってましたが,途中で面倒くさくなって,パラレルポートに直結してます.出力ポートをフルに使えば,ギリギリ足りるので….

あと,写真をとったときは,まだ忘れてましたが,一部のポートはプルアップ用の抵抗が必要です(^^;.あと,電源は某回路から流用した3.5Vの安定化電源を使いました.

とりあえず,70hを送ってステータスが帰ってくるが調べる.ちゃんとBYSYがLOWになることもあるけど,いまいちちゃんと動いていない.ちょっと作ってる間に飽きてきたので,暫く休憩です.

履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.