回路関係の確認

回路の仕様

使えるもの.

これでライントレースロボットを作っていきます.

回路図

まず,どんな回路を作るのかを確認.

images/avr_circuit.png

AVRの電源電圧は4.5~5.5Vですが,6Vでも問題が起きることは無さそうです.念のため,ダイオードを直列に2つ入れて電圧を落としています.気休めにしかなりませんが.

この回路は2006年のものですが,設計ミスがあります.2007年度のものからは修正されているはずです.

ピンと回路の関係

ピンモード回路
PD0OUTLED0
PD1OUTLED1
PD2OUTLED2
PD3OUTLED3
PB7OUT左モータ IN1
PB6OUT左モータ IN2
PD5PWM左モータ PWM
PB0OUT右モータ IN1
PB1OUT右モータ IN2
PD6PWM右モータ PWM
PB2PWMサーボ PWM
PC0INボタン1
PC1INボタン2
PC2A/Dセンサー1
PC3A/Dセンサー2
PC4A/Dセンサー3
PC5A/Dセンサー4

AVRライタ用ケーブル

ピン配置

今回使うライタの電源はPCのUSBから供給されるので,Vccを接続する必要はありません.

images/avr00.png

ロボット側の書き込み用のピン配列はAtmel標準のものなので,他のライタからも書き込めると思います.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.