戻る

電子工作入門::スピーカの使い方

スピーカ

いろいろな種類や大きさのスピーカがありますが,基本的には同じです.

回路例

images/e_sp01.png

抵抗値は適当なので,気分で調節してください.

マイコンの出力を抵抗を通してそのままスピーカに入れても音は出ると思いますが,大きな音を出したい場合などはトランジスタを通してつないで下さい.

音の鳴らし方

ピンをON/OFFすれば矩形波を出力できますが,複雑な波形を作るのは難しいので,PWMを使いましょう.

PWMの周期が可聴域より十分高ければ,好きな音を出すことが出来ます.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.