ATMEGA88の機能

今回使っているMEGA88の機能の説明です.具体的な使い方は調べるか,誰かに聞いてください.

PWM

周期やデューティを指定すると,PWM波形を自動的に作ってくれます.モータやサーボの制御に.

UART

パソコンや他のAVRとシリアル通信をします.レベル変換ICを利用してRS-232Cにできます.最近のパソコンはシリアルポートが無いので変換ケーブルが必用.

SPI

AVRなどのほかのSPI対応機器と通信できます.UARTより高速ですがあまり使わないかも.確か,MMCやSDなどのメディアもSPIでの通信に対応していたはずです.

A/D変換

アナログなデータを読み取ります.センサーの値の取得とか.

アナログコンパレータ

二つの入力の大小を比較します.RC回路と組み合わせて簡易のA/D変換回路も作れます.

割り込み

割り込みは,イベントが起こると,現在の処理を一旦中断して,割り込みハンドラという特別な関数を実行して,また処理を再開する機能です.メインの処理とは非同期に処理できるので便利です.

タイマー割り込み

内蔵のタイマーが指定した条件になると割り込みが起こります.一定時間ごとに決まった処理をするときに.

ピン変化割り込み

ボタンが押されたりして,ピンの状態が変化すると割り込みが発生します.いつボタンが押されるのか分からなくて,常に監視するのは面倒なときに.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.