AKI-H8/3052で遊ぶ ~ デバッグ環境を整える

まだ試してないのでメモだけ.

メモリの増設

3052Fには,8KBのRAMと,512KBのフラッシュメモリが搭載されてますが,RAM上でデバッグしているときは,プログラムもデータもRAMの方にロードされるので,実質数KBしか使えません.

これでは大きなプログラムを作るときには,使い物にならないので,メモリを増設する必要があります.

デメリットは,メモリを繋げるためにIOポートがかなり使われてしまうことですが.

H8/OS

H8上で動くシングルタスクOSがあるようです.これを使うと,かなり楽そう.

gdbでデバッグ

gdbを使ってPC上でデバッグできます.

H8のモニタプログラムと,gdbでリモートデバッグもできるようです.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.