Home/ Library index

POV-Ray::アニメーション

POV-Rayは基本的に静止画を作成しますが,アニメーションを作ることも可能です.フレームごとにclockが変化するので,clockの値を使ったシーンファイルを書けばアニメーションとなります.連番の画像ファイルが出力されるので,映像編集ソフトなどを使ってaviやmpegに変換する必要があります.

他のソフトを使ってアニメーションを作成するやり方は見つけたんですが,「これ以上英語の説明読みたくない&ソフトのDL&インストールが,めんどい.」というわけで,POV-Rayだけでやることにしました.

clock

アニメーション作成のための機能は,フレーム毎にclockを変化させることが出来るだけです.

POV-Rayの言語を駆使して各フレームを作ってください.

コマンドライン

メニューの「Render」->「Edit Settings/Render」の「Command line options」にオプションを書けばOKです.

POV-Ray3.6ならば,ツールバーの下にコマンドラインを設定する入力ボックスがあります.

もしくは,メニューの「Tools」->「Edit mastre POVRAY.INI」をで,iniファイルを開き,そこに書き足してもできます.

Initial_Frameから,Final_Frameまでのフレームを作画し,その間に,clockが<STRONG>Initial_Clock</STRONG>から,<STRONG>Final_Clock</STRONG>まで変化するって事みたいです.

位置の指定のところにclockを入れれば,位置も変わるということ.<BR><STRONG>#declare Test_Clock = 2+clock*2+100</STRONG><BR>こんなふうに,変数みたいなこともできるようだ.<BR>ここからは,特に何も読まなくてもにサンプルと,にらめっこでもしてれば,何とかなるでしょう.<BR><BR>

作画すると連番のBMPができるので,Video maidなどでaviにするなり,編集するなりして下さい.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.