POV-Ray::色々なオブジェクト

POV-Rayでは基本的な立体(プリミティブ)を組み合わせて3DCGを作ります.プリミティブには大きく分けてソリッドとパッチの2種類があります.

ソリッドは中身が詰まっていて,パッチは空っぽの立体です.普通の状態なら外見は変わりませんが,ソリッドは透明度と屈折率などを指定してレンズなども作れます.またCSGという機能を使って,立体の一部をくりぬいたりも出来ます.

ボックス(box)

立方体や直方体などです(boxそのまま).これは最も基本的なオブジェクトの一つです.

box {
	<-1, 0,   -1>,  // 前・下・左 角
	< 1, 0.5,  3>   // 奥・上・右 角
	//ここにtextureなどを入れる.
}

一番簡単なのは,これだけです.

円筒(cylinder)

円筒(シリンダー)です.

cylinder {
	<0, 1, 0>,     // 一端の中心
	<1, 2, 3>,     // 他端の中心
	0.5            // 半径
	open           // 端面を取り除く
}

openをとると,上と下を塞いだ円筒になります.

円錐(cone)

円錐(コーン)です.普通の円錐だけでなく途中で切ったようなものも作れます.<BR>

cone {
	<0, 1, 0>,     // 一端の中心
	0.1,            // 半径1
	<1, 2, 3>,     // 他端の中心
	0.5            // 半径2
	open           // 端面を取り除く
}

cylinderにもう一つ半径を加えたものです.片方の半径を0にすれば普通の円錐になります.これもopenをとると,上と下を塞いだ円錐(?)になります.<BR>

無限平面(plane)

plane{
	<0,1,0>, // 面の法線ベクトル
	0 // 原点との距離
	pigment{ //模様
		checker White, //チェック模様,色2
		color Blue,  //色2
		scale 1.0 //間隔
	}
	finish{phong 1 reflection 0.5}
}

上の例だとx-z平面をチェック模様で描きます.<0,1,0>というベクトルは,単に「y」とすることも出来ます.

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.