Home/ Library index/ POV-Ray

POV-Ray::シーンファイルの書き方

POV-Rayはシーンファイルというテキストファイルを書いて,3DCGをつくります.拡張子は「.pov」です.

povファイル内になければならいものは,

の3つです.

当たり前ですね.カメラ(どこから見ているか)がなければ作画のしようがありませんし,光源がなければ真っ暗です.オブジェクト(物)がなければ,作画する意味がありません.

適当な例・・・

test.pov の中身

#include "colors.inc"

camera { 
	location <3,3,-15>
	look_at <-2,0,0>
}

light_source {
	<0,150,0>
	color White
}

sphere {
	<0, 2, 0>,	// 中心
	2		// 半径
	pigment {
		color Blue	//色
	}
}

として,レンダリングしてください.レンダリングしようとすると保存するかどうか聞かれるので,とりあえず,test.povとしてください.青い球が表示されれば成功です.表示されない場合,大文字小文字の間違いなどを見直してください.

カメラ

上の例では・・・

camera { 
	location <3,3,-15>
	look_at <-2,0,0>
}

この部分ですね.その前に1行入ってますが,これはおまじないだと思って下さい.(正確には色をRedやBlueなどの名前で扱うためのインクルードファイルです)<BR><3,3,-15>から,<-2,0,0>の方を見ている感じですね.<x,y,z>ってのは,場所の座標です.<BR>

光源

上の例では・・・<PRE>light_source { <0,150,0> color White}</PRE>この部分ですね.ここで,1行目の”#include "colors.inc"”が役に立ちます.Whiteというのは,rgb< 1.0 , 1.0 , 1.0 >と書いたのと同じです.

オブジェクト

上の例では・・・<PRE>sphere { <0, 2, 0>, // 中心 2 // 半径 pigment { color Blue //色 }}</PRE>この部分ですね.sphereは,球を意味するオブジェクトです.pigmentは,色などを決めます.<BR>

この文書の履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.