アロエドリンクのCOD

「CODシリーズ」第2回です.いきなり最終回らしいです.

今回はアロエドリンク(森永乳業)の化学的酸素要求量を測定しました.

学校の自販機で売ってますが,結構いけます(^^;.特に問題はないだろうから会社名まであげていますが…まぁ平気でしょう.

失敗

CODが高くなると予想して10倍に薄めて実験しました.が,加熱中にやっぱり色が完全に消えてしまうし,滴定が終わって気づくと色が消えてしまっていたりして失敗でした.多分,加熱前に入れた過マンガン酸カリの量が少なかったか,まだアロエドリンクが濃すぎたんでしょう.

参考までに,無理やり求めたCODは1844mg/lでした.

追試

後日,再挑戦.で,今回は写真付き(写真で調べているのは川の水ですが…)

10倍に薄めても上手く行かないなら,「100倍に薄めてしまえ」ということで,同じ方法で実験しました.

検水を蒸留水で薄め,硫酸と過マンガン酸カリウムを加え暫く加熱します.火から下ろして過マンガン酸カリで色のついた水にシュウ酸ナトリウム水溶液を加えます.

左の写真から,色が消えていきます.

入れる前シュウ酸を加える色が消えた

本当はもっと綺麗な色をしているのですが,私のデジカメでは再現できなかったようです.

最後に滴定して終わりです.

滴定…最後まで気を抜けない

結果

計算した結果はCODは10480mg/lでした…って前回と全然違いますね.やはり前回のは失敗だったようです(今回も成功とは言えませんが).

そんなことより,CODがこれだけ高いものを川の水と同じ方法で調べようということに無理があったみたいです.上皿天秤で体重を量るようなものです.(飲み物のCODを計ること自体が無駄という意見は却下)

最後に

CODの測定は毎日のようにやっているのですが,対象が変わると苦戦しました.

暫くは真面目に実験をするので,ここの「CODシリーズ」はもう終わりだと思います.というか,いいかげん飽きてきたのと,部活中なのであまり変なことはやってられないので終わりです.また何か思いついたらやるのでその時までお楽しみに.

履歴

Copyright © 瓶詰堂 all rights reserved.